コレクション: エドウィン

「DENIM」という単語を構成する文字の順番を入れ替え、「M」をひっくり返すと「W」になる「EDWIN」という言葉が生まれます。ジーンズといえば、デニムの歴史を築いてきた日本のブランド「EDWIN」を語らずにはいられません。 1947年、日本の東京に米軍の制服を販売する店がありました。同年、オーナーの息子に現エドウイン社長常見秀二が誕生。常見さんは当初、家業を継がず、米国のセントルイス大学で勉強を続けることを決めた。
彼の勉強、トレーニング、取得した修士号は、後の EDWIN ブランドの基礎となりました。 1961 年、常見は父親の店を引き継ぎ、デニムの世界で自身の地位を確立するための継続的な実験の道に乗り出すことを決意しました。
常見さんはアメリカで大量のジーンズを購入しており、まさにそれらの衣類でさまざまなタイプの洗濯を試すことができました。
1963 年に彼は、自立できるほど重いジーンズを作成しました。実際、その衣服の重さは 16 オンスで、世界で唯一のものでした。日本人のデニムに対する伝統的な情熱、生地の品質、職人技、洗い加工、そして高度な技術がEDWINブランドに刻まれています。 「ストーンウォッシュ」という言葉で知られ、デニムの進化における重要な転換点を示す、今日地球上のすべてのジーンズ会社で使用されているプロセスを私たちが担っているのはエドウィンのおかげです。しかし、EDWIN の名声は革新だけによって与えられるものではなく、何よりも常に東洋人を際立たせてきた伝統への古くからの敬意によって与えられています。生地の生産に手織り機を使用し、自然な仕上げと細部への職人のこだわりにより、EDWIN はあなたのワードローブを完成させる最も貴重なデニム製品となっています。